もがく23歳の華麗なる日常(仮)

 初めまして、Pmomoyamaです。23歳、もがいてます。このブログでは私のささやかな日常や体験談を綴っていこうと思います。

もがく23歳と多汗症 part2汗やばい私が選んだ部活とは、ずばり

 

 

 しばらく多汗症についての記事が続きます。今回は中学生編です。

 

 

晴れて中学生になった私は、何を思ったのか柔道部に所属するのです。今だと汗が酷すぎて、直接相手と接触する&裸足で行う競技なんて考えられませんが、特にこれといって入りたい部活のなかった私は、なんとなく流れで柔道部員となったのです。

しかし始めてみると意外と楽しく、そこまで汗も気にならない!!(実力は楽しさに比例しませんでしたが、、)

柔道着ってけっこう吸水性が高いので、汗をかいてもすぐに吸収してくれるんですよ!

周りの人もハードな練習でかなりの汗をかいていたので、汗だくになるのにそこまで抵抗もありませんでした。意外と多汗症さん向けのスポーツかもしれませんね。楽しかったなぁ(遠い目

 

ただただ困ったのはテスト中・勉強中でした。テスト用紙やノートなんて、すぐにふやけて書けなくなります。なのでタオルは必須アイテムでした。テスト中は筆記用具以外の物を机に出すなと言われていたので、その都度色んな先生に多汗症なのでタオル持ってていいですか」と聞きに行っていた気がします。(記憶が曖昧) このひと手間が意外とメンタルにくるというか、「どうして私がこんなことしなければいけないんだ」みたいな気持ちになってました。

 

ちなみに皮膚科に通い、正式に「多汗症」であると先生にお墨付きをもらったのが中学時代でした。病院から「塩化アルミニウム溶液」を処方してもらい、試してましたが私には全くと言っていいほど効果は見られませんでした。(個人差有りであくまで私の場合です!!) いつか私が行った治療法や、使ってみた汗グッズに関しても記事にしたいと思います。

 

少し話はそれましたが、特に面白いエピソードもなく(ブログ的に残念)、そんなこんなで中学時代は一瞬で過ぎ去りました。汗が煩わしかったのは確かですが今の比ではありません。こうしてみると中学時代は私の人生において最も充実していた気がします。

 

なんとなく切りが良いので、今回はここまでにしておきます。文章力もなくド初心者の私のブログですが数名の方が読んでくださってるみたいで、、スターまでくださる方がいて、、、ありがとうございます、、!胸熱でございます!!

もがく23歳と多汗症 part1汗との出会い、多汗症の自覚

実は私、幼い頃より多汗症という病気(症状?)を患っています。

手、足は気温関係なく滴るほどの汗が出るし、脇やお尻、太ももなども普通の人と比べると明らかに汗の量が多いです。

 

たかが汗、されど汗

 

睡眠時や入浴時以外では常に汗との闘いです。記事を書いてる今でさえ、足汗手汗ジワジワです。(汚くてごめんなさい、、)

 

そんな汗と私の出会いは、私が小学生の時でした。

当時小学1年生だった私は、6年生のお姉ちゃん(近所の)と手を繋いで登校していました。その時ふと自分の手が湿っていることに気づいたのです。最初は単なる汗っかきなんだろうとあまり深く考えずにいたけど、汗の量は年々増えていき、6年生になる頃には人と手を繋ぐのが苦痛になるほどに、、、。 (※今では更に進行し、重度の多汗症患者になりました。)

 

そんな中での組体操と騎馬戦は文字通りの地獄👹!!!!!笑

 

「単なる汗っかきではない。」

 

多汗症である自覚が芽生えた6年生の秋でした(哀愁を添えて)

 

もがく23歳と初めてのブログ

 

 はじめまして!

 

 Pmomoyamaと申します。記念すべき初投稿となります。

 

 このブログでは、私のささやかな日常と体験談をゆるううううく綴っていこうと思い 

 ます。ブログ初心者&パソコンスキル皆無でお見苦しい点も多くあると思いますが

 何卒よろしくお願いします🐽🐽